「格安SIM」っていう言葉は最近あまり聞かなくなった気がする

最近はあまり「格安SIM」という言葉は聞かなくなったように思います。
もし今、ドコモ、ソフトバンク、auといった3大キャリアでスマホを契約しているなら格安SIMにすると毎月の支払いを大幅に減らすことができます。
格安SIMはいろんな企業が提供しています。
これらの企業が提供するサービスはMVNO(Mobile Virtual Network Operatorの略)と呼ばれています。
3大キャリアの回線を借り受けて、独自の通信サービスとして提供しています。
有名どころでいえば、楽天モバイル、UQモバイル、イオンモバイル、マイネオなどですね。
安いところだと、音声通話とデータ通信のセットのコースだと、月額基本料が1,500円ぐらいにできちゃいます。
ドコモやソフトバンク、auのようなキャリアだと5,000円前後することを考えると、かなりの節約になりますよね。
格安SIMは安いから通信品質が悪いんじゃないかと思われがちですが、実際に使われている回線は3大キャリアのものと全く変わりません。
だから、品質も同じと言われていますが、実際のところはどうなんでしょうかね。
まあでも、電波であることには変わりないので、電波のとどきにくいところなら、大手であろうとそうでなかろうと通信困難になることには変わりありません。
個人的にはそれほど気にしなくてもいいんじゃないかなと思っています。
3大キャリアから格安SIMに契約を変更するのは、手続きなどの多少の手間はかかりますが、思っているより大変というわけでもありません。
にもかかわらず、いまだに格安SIMで契約している人は圧倒的に少数派です。
世間一般的にはまだまだ大手キャリアで契約している人は多いようです。
これは、おそらくですが、「格安SIMとはそもそも何ぞや?」という人もまだまだ多いというのがその理由ではないでしょうか。
格安SIMにすれば安くなるということは何となく知っているけど、「MVNO」とか「SIMフリー」などの聞きなれない言葉が出てくると「めんどくさそうだから、もういいや」という感じになってしまうんじゃないでしょうか。
また、格安SIMは大手キャリアのようにサポート窓口が少ないというのも敬遠される理由の1つです。
スマホの調子が悪かったり、壊れたりしたとき、近所にショップがないのは確かに困りものです。
トラブルが起きても、ある程度、自己解決できる人に向いているサービスと言えるかもしれません。
意外なことですが、富裕層の人ほど格安SIMで契約している人が多いという話もあります。
お金持ちの人は節約するべきところと、お金を使うべきところをはっきりと区別しているというわけですね。

格安SIMと同じく、電気やガスの自由化も始まりました。
電力会社がガスを売り始めたり、逆にガス会社が電気を売り始めるようになりましたよね。
「エルピオでんき」もその1つです。
エルピオでんきはもともとLPガスを販売していた会社が提供するサービスです。
エルピオでんき 安い
CMなどの広告費を抑えている分、価格を安くして電気を提供しているので人気があります。
電気代が高くて困っているなら、検討してみる価値はあると思いますよ。

食費を節約するためにいつもやっていること

今の日本はほんとに元気がないなと最近つくづく思います。
特にスマホのシェアは寂しい限りですね。
以前は「モノづくり」といえば日本って感じでしたよね。
品質に関しては世界のどの国と比較しても日本がダントツという雰囲気がありました。
特にスマホは海外製品のほうが安いし品質もいいです。
逆に日本製は高くて性能が悪いというイメージが濃いんじゃないでしょうか。
これでは日本の景気が悪くなるのも仕方がないのかもしれません。
そこへ追い打ちをかけるかのような消費税10%への増税・・・。
最近では将来20%という話も出てきています。
こうなると、できるだけ節約しないといけないと感じる人も多いんじゃないでしょうか。
わたしの節約術は2つあります。

ペットボトル飲料を買うのをやめる

以前は毎日コンビニでペットボトル飲料を買って飲んでいました。
1本150円前後ですが、毎日積み重なっていくとかなりの出費です。
ペットボトルのウーロン茶を買うことが多かったですが、自分で作るとものすごい節約になります。
わずか数百円のウーロン茶の徳用ティーパックを買うと毎日飲んでも全部使いきるまで余裕で1ヶ月以上はもちます。
その都度お茶を沸かさないといけませんが、そこさえ我慢できればかなりの節約になります。

ハーゲンダッツは業務用を買う

ハーゲンダッツのアイスクリームって他のアイスクリームに比べて圧倒的においしいですよね。
コンビニやスーパーにはよくミニカップが売られています。
でも、入っている量は少しなのに1つ200円以上します。
ハーゲンダッツにはミニカップ以外にも業務用というものがあるのをご存じでしょうか?
内容量はなんと2リットル!!
無限に食べられます (笑
しかも価格は2,700円!
ハーゲンダッツのミニカップを買っている人は業務用を買うとかなり節約になりますよ。
「いやいや、そもそもアイスクリーム買うのやめろよ」という意見は受け付けません (笑
食べすぎには十分注意してください。

こんな感じで、わたしはよくアイスクリームを食べるんですが、それほど太らない体質です。
というか、ガリガリで悩んでいるほどです。
それで、最近ちょっと気になっているのが、太るためのサプリメント「プルエル」です。
毎日飲むだけで、健康的に太っていけるんだとか。
プルエル 薬局
コンビニに売っているような普通のサプリメントに比べてお値段は張りますが、ガリガリ体型を抜け出すために始めてみようかなと思っています。
一見、節約とは正反対のように見えますが、自分に自信を持つためにはこれぐらいの投資は必要だと思っています。
節約するべきところは節約する、お金をかけるべきところはかける、しっかりと自分の頭で考えていくことはとても大切ですよね。