食費節約のために過度に外食を控えるとその反動は大きい

食費を節約したい
だから外食は極力減らしたほうがよい?
そんな早計な判断は間違いであることもあるので気をつけて下さい。

たしかに外食は自炊に比べて格段に費用がかかります・
毎日のランチ代800円を節約するために手作り弁当を持参する方も多いでしょう。
外食で家族4人がファミリーレストランに出かけた場合」一人当たり1000円は軽くオーバーすることも多いですからあっという間に5000円近くはかかるでしょう。
またお昼のランチ代だって駅近の中心繁華街であればなかなか安い食堂は無く、しぶしぶ1000円以上のランチしかないこともあります。

一方自炊や手作り弁当ならばかなり食費の節約にはなります。
家族4人でも1食あたり1000円以下で抑えることも十分可能です。
夕飯の残り物を翌日の手作り弁当のおかずにすれば、無駄も無くなり安上がりです。
やはり外食を減らせば食費の節約になることは間違いありません、

しかし、自炊にこだわりすぎると食費節約にはならないことも多いのです。
ただでさえクソ忙しい現代社会。
仕事・子育て・夫婦共働き
なかなか家事にさく時間は限られています。
そんな状況でいくら食費節約の辞めとはいえ、外食を過度に控えすぎるといつかパンクしてしまいます。
食費節約のあまり
・大きな夫婦県あkばかり
・イライラして子供に過度に叱ったり
そんなことでは本末転倒だと思うのです。
また自炊ばかりしているとおのずから形容のバランスも崩れがちです。
身体を壊してしまっては元も子もありません。

ランチだけは自分が作ったものではなく好きな物を食べる?!
そんな割り切りや諦めもいいのではないでしょうか。
あるいは週末くらいは顔z九で外食を楽しむのもいいのではないでしょうか!?
自炊 = 倹約する良い妻
そんな呪縛から解き放たれるのイもいいのではないでしょうか?!

食費節約のために自炊に掛けていた時間を
自分の好きなことに費やす
資格取得の勉強をする
子供と触れ合う時間を作る
長期的観点であればその方が食費節約よりも大切かもしれません。

ただし、外食費が家計を圧迫してしまうのは論外です。
外食に費やせる予算
週に1回
月に2回
など外食の回数をあらかじめ決めておくのもよいかもしれません。オリーブスマートイヤー 販売店 エディオン ヨドバシ ビックカメラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です