節約で始めたサブスクリプションで失敗しないために

最近はいりいろなサブスクリプションサービスがでてきました。
例えば音楽や映画の配信サービスから
洋服やバッグやアクセサリーのサブスク
カフェやラー面など飲食のサブスク
美容院やサロンのサブスク
コインランドリーやクリーニングのサブスク
たくさんありますよね。

料金も毎月200円~300円の低額料金から数千円以上のものまでいろいろです。

いくら使っても定額なのがサブスクリプションの魅力ですが
まったく使わなくても定額なのもサブスクリプション
確かに上手に使えば節約になるサブスクリプションだが、多くの方が使いこなしていないのも事実。
最初はもの珍しさから利用しているが、ものの数か月で利用頻度がガクッと落ちてしまいがちです。
特に音楽や映画など見たい映画や聞きたい音楽
そんなに大量にあるものではありません。
サブスクサービス開始後、聞きたい音楽や見たい映画を聞き終わったり観終わったりするとよくそのサブスクのことも忘れてしまうこともあるのです。

悪質サブスクリプションサービスも多いのです。
それは契約開始の手続きはシンプルで簡単なのに、いざ解約となると複雑で大変というケースも少なくないのです。
サブスクのホームページは申し込みページは目立つところにあるのに、解約手続きのページは探してもなかなか見つからない。
メールで問い合わせても連絡がこない?
そんなトラブルも多いのです。
墓じまい 愛知

■ サブスクリプションの注意点

サブスクリプションを利用する時にはぜひ下記のことも注意しておいてくださいね。

①ノリで解約しない
本当に必要なものかどうか?冷静に見極めてから契約しましょう。
②無料のお試しサービスを利用する時は、必ず最初の時点で解約方法について調べておきましょう。
無料サービスは確かに魅力的なサービスですが、多くは無料サービス期間経過後は自動的に正規契約となるものがほとんどです。
そんなときに慌てないように解約手続きを調べておきましょう。
③わからないことがあったら相談できる部署や問い合わせ窓口の連絡先を契約前に確認しておきましょう・
④契約してからも随時 定期的にサービス利用の価値を見直す習慣をつけておきましょう。

カラーリング(毛染め)は「自分で」vs「美容院で」どっちが節約?

今は昔みたいに高齢者の白髪染めという時代ではありません。
みんな若い人でも毛染めをしています。
もはや毛染めなんて死語であり、カラーリングという呼び方が一般的です。
このカラーリング 意外とそのサイクルは短いものです。
そこで問題になるのが
カラーリング(毛染め)を「自分で?」「美容院で?」という選択です。
カラーリング剤は市販のもので500円~600円程度で高級品でも1000円程度でしょう。
それに比べて美容院ならその数倍はします。
コストを安くしたいのなら自分で染めるのが一番です。
しかし、みなさんこんあことを感じることはありませんか?
自分で染めると早く色落ちしてしまう?
自分で染めるとなるとカラーリングのサイクルが短くなってしまうmpでは果たして自分で染めるのが絶対に節約なのか?疑問が出てきます。
また自分で染めるとサイクルが短くなるため頭皮の負担も大きくなります。

美容院では頭皮の負担も少ないカラーリング剤を選べるところも増えています。
やはり自分で染めるよりもプロの技術はすごいものもあります。
とはいってもやはり美容院で使用するカラーリング剤は市販のものとはかなり違うのかもしれません。
色村もなく、色持ちも非常に良い。
トータルで考えれば自分で染める方に節約という点では軍配が上がるのは間違いない。
しかし、技術力の高さや頭皮への負担などを総合的に考えれば
美湯院でカラーリングも捨てたもんではないといえる。

カラーリングコースにも様々なタイプがランクがあるでしょう。
それなら安いコースでのカラー^リングであれば、もはや自分で染めるよりもメリットは大きいともいえます。
何度も染めれば逃避や毛髪へのダメージは大きいものです。
カラーリングのお金をケチったばかりに毛髪や頭皮トラブルになってしまえば元も子もありません。
そういう点から考えれば美容院でのカラーリングがいいように感じますがいかがでしょうか?

なにより自分で染めると染ムラが出てしまいやすいのも大きなポイントですよね。
特に根本がうまく染まらない・・・老人ホーム パジャマ おしゃれ 可愛い

食費節約のために過度に外食を控えるとその反動は大きい

食費を節約したい
だから外食は極力減らしたほうがよい?
そんな早計な判断は間違いであることもあるので気をつけて下さい。

たしかに外食は自炊に比べて格段に費用がかかります・
毎日のランチ代800円を節約するために手作り弁当を持参する方も多いでしょう。
外食で家族4人がファミリーレストランに出かけた場合」一人当たり1000円は軽くオーバーすることも多いですからあっという間に5000円近くはかかるでしょう。
またお昼のランチ代だって駅近の中心繁華街であればなかなか安い食堂は無く、しぶしぶ1000円以上のランチしかないこともあります。

一方自炊や手作り弁当ならばかなり食費の節約にはなります。
家族4人でも1食あたり1000円以下で抑えることも十分可能です。
夕飯の残り物を翌日の手作り弁当のおかずにすれば、無駄も無くなり安上がりです。
やはり外食を減らせば食費の節約になることは間違いありません、

しかし、自炊にこだわりすぎると食費節約にはならないことも多いのです。
ただでさえクソ忙しい現代社会。
仕事・子育て・夫婦共働き
なかなか家事にさく時間は限られています。
そんな状況でいくら食費節約の辞めとはいえ、外食を過度に控えすぎるといつかパンクしてしまいます。
食費節約のあまり
・大きな夫婦県あkばかり
・イライラして子供に過度に叱ったり
そんなことでは本末転倒だと思うのです。
また自炊ばかりしているとおのずから形容のバランスも崩れがちです。
身体を壊してしまっては元も子もありません。

ランチだけは自分が作ったものではなく好きな物を食べる?!
そんな割り切りや諦めもいいのではないでしょうか。
あるいは週末くらいは顔z九で外食を楽しむのもいいのではないでしょうか!?
自炊 = 倹約する良い妻
そんな呪縛から解き放たれるのイもいいのではないでしょうか?!

食費節約のために自炊に掛けていた時間を
自分の好きなことに費やす
資格取得の勉強をする
子供と触れ合う時間を作る
長期的観点であればその方が食費節約よりも大切かもしれません。

ただし、外食費が家計を圧迫してしまうのは論外です。
外食に費やせる予算
週に1回
月に2回
など外食の回数をあらかじめ決めておくのもよいかもしれません。オリーブスマートイヤー 販売店 エディオン ヨドバシ ビックカメラ