水道の節水の節約に努めても意外と報われないという現実

水道代の節約で一番に考えるのは
「こまめにとめて水の使用量を減らす」
ことではないでしょうか。
そもそも水道料金は各地域の水道局ごとある程度の違いはあれど設定の仕組み自体にあまり違いはありません。

基本的には2か月に一度の水道メーターの検針でその使用量に基づき請求されます。

■使用量に関わらず最低限支払う基本料生と突かされる使用量に応じた従量料金で成り立っている
水道の基本料金は水道管の太さ(口径)で設定されており口径が太くなるほど料金も上がっていきます。
しかも水道管はもともと設置されている物であり料金を下げるために口径を小さくすることはできません。
水道の使用量を減らす努力はそう簡単なことではなく、努力の割に報われないことも事実なことを知っておいてください。
ですから意図的な努力よりも知恵を絞って節水に努めてはいかがでしょうか?

■楽に水道使用量を減らす方法

まずはご家庭で一番水を使用るる場所にポイントを絞っていきましょう。

一番水を使う場所は
1位 お風呂
2位 トイレ
3位 台所
4位 洗濯
とされています。

まず考えられるのは各場所のもとのバルブの全開をやめることもいいでしょう。
各場所の下の部分にバルブがありますから、そこを全開の状態から少しだけ閉めることによって流れる水量を減らすこともできます。
ただし流れる水量を減らしてしまうと例えばシャワーの流量も減りかえって不便を感じることもあります。
ゴミ屋敷 片付け 東京
●節水型シャワーヘッド
ホームセンターに行けば節水型のシャワーヘッドも販売されていあmす。
これは水圧が低くてもシャワーからの流れる水圧があまり変わらない優れものです。

●節水コマを蛇口に取り付ける
同じような節水グッズとして節水コマという物があります。
これ4を蛇口に取り付ければ節水ができる優れものです。
これもホー0ムセンターに行けば販売されています。
※節水コマが取付できない蛇口もありますからご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です