埋葬されて

埋葬されて、お墓に入れられるわけなんですが、後を継いでくれる継承者がいるうちは、安泰なんですよね。お墓の掃除など管理してもらえるわけで、ただ、人々の生活が変化してきて、ライフスタイルが変わってしまい、若い人たちが都市部などに出て行ってしまい、戻ってこない。結果地元の年齢層が高齢化してしまい、継承者が居ない状態となって、お墓の維持が困難になってしまいます。地元の年長者の人たちは子供や孫に負担をかけないように墓じまいを考えます。墓じまいは墓じまいとは、現在霊園・墓地にある先祖代々受け継いできたお墓を処分することです。処分と言っても中に入っているお骨は処分できないので、別の場所に移動させることになります。昔は改葬という言葉で説明されていましたが、墓じまいという言葉も使われるようになりました。誰もお世話をする者のいないお墓は、無縁墓という扱いになってしまいます。なので、後々継承者がいなくなることが分かっている場合は、事前に墓じまいを行い、お寺や霊園に永代供養をお願いをしておくほうが良いです。無縁墓になったお墓はお寺や霊園管理者によって1年間は維持され、その間に縁故者が見つからないと撤去され合祀墓でくようされることになります。墓じまいをされた後は、別の場所の一般の墓に入れられるか、合祀され他の方と一緒に眠るか、樹木葬でシンボルとする樹木の下で眠るか、納骨堂に納められるか、お骨を破砕して海や山に撒く散骨、自宅で供養される手元供養などの選択肢となります。ただし、墓じまいは故人が希望している場合ではない場合だと、親族内で話がまとまらないことが多いみたいです。やはり、昔ながらの墓石のお墓が一般的ですから、其れ以外のお墓に変えることに抵抗を感じる人は一定数いますので、話が決まらなくなるとか。故人が生前に明確な意思表示をしてくれていれば、そこまでこじれることはないのでしょうけども、そのように、物事が都合よくは動くことはまれです。【墓じまい】お墓を整理して埋葬しなおす手続き

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です