弔辞、喪主挨拶を考えるのは

弔辞、喪主挨拶を考えるのは、結構しんどいという方は多いと思われます。お葬式の弔辞や喪主挨拶にはある程度の基本的な構成や流れ、マナーなどがあり、厳粛な場であるため失敗できないというプレッシャーもかかります。普段からそのような挨拶を言いなれている方なら問題ないでしょうが、多くの方は慣れておらず。また、突然挨拶や弔辞を読まなければならなくなった方たちが殆どでしょう。そんな時に、弔辞、喪主挨拶を代わりにやってはくれないまでも、なにを話せばいいのか、文章を考えてくれるサービスはかなり助かることでしょう。近しい人がなくなって余裕ない状態で葬儀が開始されるまでに挨拶を考えないといけないのですから。葬儀挨拶代筆店は、葬儀・お葬式・お通夜・告別式などの挨拶をそれぞれの立場や場面に合わせて代筆してくれます。プロのつなぐ言葉ですので、とてもその場にふさわしい言葉となります。申し込み方法は、メール申し込み、FAX申し込み、電話申し込み(オプション追加料金+8,000円)の三パターンあります。まず、申し込みを行います。申し込み確認メールが届いたら、料金を振り込みます。、料金の振込確認ができてからの文章作成となります。作成された文章を納品して完了です。
添削コースと通常コースの2種類があり、また納期期間によっても料金が変わります。添削コースはすでに自分で文章ができている方用でプロのライター原稿を確認し添削してくれます。通常コースは、まったく文章がない状態からです。通常コースからの方の金額が高くなります。納期は7日3日24時間以内とあり、当然納期の時間が短いほど高くなります。添削コースで9,000円12,000円18,000円と別れており、通常コースで13,000円16,000円22,000円と別れています。ほかにオプションがあり、電話聞き取り取材を行う場合は8,000円追加料金が発生し、式辞用紙に印刷する場合だと6,000円追加料金、手書きによる代筆を頼む場合だと到着まで納期六日を加算された日数が必要となります。葬儀挨拶代筆店は、葬儀・お葬式・お通夜・告別式などの挨拶を代筆してくれます。葬儀・葬式での喪主挨拶・弔辞を代筆で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です