マンションの管理費が払えないんです…
ここままじゃマンションの管理費の滞納がヤバくなる…

はじめは夢と希望と見栄が詰まったマイホームの購入も、年数が経つにつれ年々とマンションの修繕積立費が上がり、管理費が払えない状態になってきているあなた。

ただでさえ住宅ローンの支払いだけで精一杯なのに、マンションの管理費や積立費の値上がりがあれば、とてもじゃないですが払えませんよね。

もしあなたがマンションの管理費や修繕積立費が上がり過ぎて、とてもじゃないけど支払えないという状況に追い込まれているのであれば、今すぐ次の3つの非常手段をとって下さい。

マンションの管理費が払えないとき!
  1. まずは支払い期間の延長交渉をする
  2. 低金利のカードローンで一時的に立て替える!
  3. 困った時はプロの任意整理を実行!

今紹介した3つの方法のうち、どれか一つでも交渉に移せば、あなたも今すぐマンションから強制退去や強制売却を執行されることなく、安心して今の持ち家に住み続けることができます。

特にアイフルが発行するプレミアムファーストカードローンを利用すれば、安い金利で限度額100万円~800万円までのまとまった資金を借りることができるので、管理費の一括支払いをするのに有効です。

プレミアムファーストカードローンなら毎月の支払い額も月々4000円~で済むので、もしあなたがマンションの管理費を滞納して払えない状態が続いているのなら、今すぐ審査を申し込んで下さいね!

↑詳細は今すぐクリック!↑

 

このままマンションの管理費を滞納すると強制売却が執行されます

でも、マンションの管理費を滞納しても、所有権は変わらないんじゃないの?
マンションの管理費を滞納した所で、強制売却なんて大げさでしょ?

確かに、たかが毎月通千円~数万円のマンションの管理費を滞納した所で、何千万円もするマンションが強制売却されるなんて、現実的にはあまり考えられませんよね。

ですが、これだけインターネットが発達した現在は、理事会も知恵をつけてきて、法律を盾にあなたのマンションを強制売却を掛ける権限を持つことができるんです。

マンションの管理費を滞納し続けると強制売却が待っている!
  • 管理費を滞納し続ける
  • 滞納者リストが理事会に届く
  • 裁判所で略式裁判の手続きが行われる
  • 裁判所からの支払い命令が届く
  • 無視を続けると…
  • 持ち家の強制処分執行が行われる

実は、マンションの管理規約や法律を上手く組み合わせれば、マンションの管理費や修繕積立費を滞納し続けているあなたに対して、支払い命令を実行することができるんです。

さらにこの支払い命令を無視し、管理費や修繕積立金を滞納し続けると、裁判所から令状が届き、マンションの競売の手続きが行われる通知が届きます。

もしマンションの競売が強制執行されてしまうと、あなたは1日にして今の家を追い出され、一家全員で路頭に迷う日々を送る羽目になってしまいます。

さすがに競売に掛かるなんてことは無いわよね…?
いいえ、競売の事例は毎年どんどん増え続けています

あなたは管理費を滞納しても持ち家だから追い出される心配はないと思っているかもしれませんが、滞納を1年以上続けていれば強制売却するための土台は整っている可能性が高いです。

もしかしたら、あなたの知らないところで理事会は法律家に相談し、あなたの持ち家を強制売却に掛けて管理費の回収を考えている可能性も十分考えられます。

「持ち家を競売に掛けられるのだけは何としてでも避けたい!」

もしあなたがこんな事を本気で思うのなら、今からお話しする「競売を避けれる3つの対策」を今すぐ実行に移してください。

これを読めば、あなたも自分の持ち家を守りつつ、円満にマンションの管理費が払えない問題を解決することができますよ!

 

マンションの管理費が払えない時!今すぐできる3つの対策!

対策①:まずは支払い期間の延長交渉をする

point 1
支払いの意思を
まずは見せる

まず、マンションの管理費が払えない状態が続いている時は、今すぐにでも理事会に相談して、支払いの意思があることを伝えるようにしましょう。

理事会の人間が、あなたの家に毎週の様に管理費の督促やってくるのは、支払いの意思を確認するためです。

もし督促に対して、支払いの意思をみせなかったり居留守を使い続けてしまうと、強制執行を実行するための理由を一つ相手に与える事になってしまいます。

あなたの持ち家を守るためにも、まずは理事会に管理費を支払う意思があることを”形だけでも”意思表示しておくことが大切です。

もし対面で会いにくい場合であれば、書面で管理人ポストなどに入れておくと対応もスムーズになりやすいです。

 

対策②:低金利のカードローンで一時的に立て替える!

point 2
カードローンは
実はかなり優秀!

もしかしたら、あなたは抵抗を感じるかもしれませんが、低金利のカードローンを使って一時的にマンションの管理費を立て替えることは実はとても有効です。

特にアイフルのプレミアムファーストカードローンは、年率3.0%~9.5%という低金利で借りることができるので、メガバンクの銀行カードローンよりも低金利で借りることができます。

しかもプレミアムファーストカードローンの毎月の返済額は月4000円~でOKなので、一度貯まったマンションの管理費を一時的に立て替えて、まずは強制退去を避けると言うのは有効な方法です。

強制退去の一歩手前まで追い詰められているのなら、まずは一時しのぎだったとしても、低金利のカードローンを利用することはとても有効なので今すぐ実行して下さい。

↑詳細は今すぐクリック!↑

 

対策③:困った時はプロの任意整理を実行!

point 3
プロに頼れば
任意整理も安心

もしあなたが、すでにカードローンで借金をしていて、住宅ローンの支払いも払えないほど追いつめられているのなら、プロの任意整理に一度相談してみることを強くお勧めします。

プロの任意整理に相談すれば、持ち家を売却する以前に、住宅ローンの借り換えやリバースモーゲージできる可能性がないかなど、あらゆる方向でマンションの滞納問題の解決方法を一緒に考えてくれます。

特にマンションの任意整理なら、こちらのサイトが完全無料で相談に乗ってくれるので、今すぐ相談してみて下さいね。

↑詳細は今すぐクリック!↑

 

あなたの持ち家を本気で守りたのなら、一時しのぎでもカードローンは使うべきです!

さすがに任意整理で持ち家を手放すほど困ってはないんだけど…
管理費の滞納さえ改善できれば、何とか生活は立て直せそうなんです

もしあなたがマンションの管理費が払えないだけで、この問題さえ解決できれば生活は元に戻せると考えているのなら、そんな時こそ低金利のカードローンを使うのはとても有効です。

マンションの理事会も管理費や修繕積立金がギリギリの状態で運営しているので、分割支払いに応じてくれるケースも少なく、滞納金額によっては一括支払いを強く求められることも多いです。

そんな時に、アイフルのプレミアムファーストカードローンなどの低金利のカードローンを使って一時的に立て替えることができれば、毎月の返済額を大きく抑えつつ、マンションの管理費を一気に完済することができます。

しかもアイフルのプレミアムファーストカードローンの金利は年率3.0%~9.5%と銀行も驚く低金利なので、とても利用していて安心感があります。

毎月の返済の相談も柔軟に行ってくれるので、たとえ一時しのぎであったとしても、あなたの持ち家を守るための必要経費として今すぐ審査を申し込みましょう!

 

アイフルのプレミアムファーストカードローンならマンション管理費が払えます!

マンションの管理費は毎月の支払い額で言えばそこまで高くありませんが、3カ月以上滞納してしまうと一括で支払うのはだんだんと厳しくなってきます。

特にあなたがマンションの管理費を1年以上払えない状態を続けているのなら、理事会が裏で強制執行の手続きを着々と進めている可能性が高いです。

裁判所からの競売執行の令状は、ある日突然やってきて、あなたの楽しかった思い出が詰まった家を二束三文の値段で一瞬で奪い去っていきます。

強制執行が行われたその日から、あなたは家族と一緒に全ての財産を奪われて家を追い出されてしまいます。

そんな最悪の結末を絶対に避けるためにも、今すぐアイフルのプレミアムファーストカードローンで管理費の一括払いを行って下さい。

たとえ一時しのぎであったとしても、マンションの管理費を滞納して家を追い出されるよりはるかにマシです。迷わず今すぐにプレミアムファーストカードローンの審査を申し込んで下さいね。

↑詳細は今すぐクリック!↑